お中元を贈るか否か(お中元交際術) お中元ギフト | 喜ばれる夏の贈り物 人気商品ランキング2013

お中元を贈るか否か(お中元交際術)

お中元
お中元は毎年定期的に贈るものです。毎年、慣例的にお中元の交換をしている場合は問題ありません。しかし、去年はともかく今年はお世話になった方、どちらかが新しい世帯の場合は、これからもずっとお中元を贈る必要があるかどうかをよく見極めます。


1回限りのお礼の場合や、数回で贈らなくなることが考えられる場合は、お中元という形は避けた方が無難です。では、そういった時は何も贈る必要が無いのかといえばそうではなく、贈る時期をずらします。そういった場合は、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」、「御礼」などとして贈ります。


個人の場合、誰にお中元を贈るのかが悩ましいのですが、両親、特にいつもお世話になっている親戚、それから仲人さんなどに贈ればよく、あまり贈る相手を広げる必要は無いかと思います。頼まれ仲人の場合は、3年間贈ればいいとよく言われます。しかし、これはひとつの目安であって、末永くお付き合いを大切にしたい場合は、もちろんずっと贈り続けてもかまいません。


職場では、「虚礼廃止」などといって、お中元やお歳暮を禁止している場合があります。それを無視して自分だけ贈り物をしていると人間関係を悪化させてしまうことがあります。そういった場合は自分だけ抜け駆けはせず、職場で決められたルールを守ります。


特に親しい間柄の場合、欲しい品物を言ってくれる場合もあります。しかし、そうではない時でも、相手が喜びそうな品物を毎年定期便で贈ると、毎年あてにして心待ちにしてもらえるものです。


このようにちょっとした心がけひとつで、とても喜ばれるお中元になると同時に、お中元を贈る側の心理的負担、経済的負担も少なくなるのではないでしょうか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。