お中元は7月15日頃に贈る お中元ギフト | 喜ばれる夏の贈り物 人気商品ランキング2013

お中元は7月15日頃に贈る

お中元は、古代中国の道教の「三元」の日に、お供え物をして天神を祭るという信仰や習慣が起源とされています。三元(上元は1月15日、中元は7月15日、下元は10月15 日)のうち、中元は、同じく7月15日の仏教行事の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と時期を同じくすることから日本に馴染みました。この時期に先祖の魂をまつるために一族が持ち寄ったお供え物を、親戚や知人に贈る習慣として広まっていったようです。


昔の日本では、お盆や年の暮れに商売の決算をすることが多く、半年間のお礼のような意味合いが強かったのです。つまり、「お中元」として贈るためには贈る時期が重要です。


お中元を送る時期については、地方によって若干の違いが見られます。


■関東の場合、6月末から7月15日

■関西の場合、7月中旬から8月15日


までに届くように贈ります。


贈るのがこの時期を過ぎてしまうと上書きが「暑中御見舞」または「残暑御見舞」になります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。